#10 読了後、なんとも言えない不思議な感情になります「アルジャーノンに花束を」

この物語は、白痴の少年が受けた実験の経過報告を、その少年自身の視点から描いた小説になります。なので、まるで自分もそこにいるかのような不思議な気持ちにさせられます。

もう多くは語りません。とりあえず読んでほしい。

この小説が最初に発表されたのが1959年で、そこから約60年以上色褪せずに現在も手に取る人が多い小説なので、ぜひ一度読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました